雨のしずくが車内に入らないように!

雨の日に自動車を運転するには、さまざまなことに気をつけなくてはなりません。
雨による視界の悪さ以外にも注意しておきたいことがあります。
雨が降っているときでも、正確な運転をするために確認しておきたいのがペダルです。
アルミタイプだと滑りにくいのですが、ゴムタイプのものだと雨の日は滑りやすくなってしまいます。
また、履いている靴にも左右されます。
皮革製の靴や、スニーカーなどの靴底がゴムになっているタイプの靴は、水に濡れているとアクセルやブレーキを踏んだときにツルっと滑ってしまうことがあるのです。
特に端のほうを踏んでしまうと簡単に滑ってしまいますので非常に危険です。
そのため発進する際には、ひと踏みして確認するように心がけましょう。
いつでも濡れた靴底を拭けるように、車内に雑巾などを用意しておくのも一つの方法です。
その他にも、車に乗るまで外で使用していた傘にも注意する必要があります。
傘についている雨のしずくが車内に入ってしまうと、足が滑る原因にもなりますので、車内に傘を乗せるときは水滴がこぼれないようにカバーなどをつける対策をすることも大切です。
このように、滑り対策をしておくことで雨の日でも安全に走行することができます。

コメント

コメントを受け付けておりません。