ブレーキングは早めにが基本!

自動車運転で一番気をつけなければならないことはブレーキのタイミングです。現在の車はほとんどがオートマチック(オートマ)で走ります。スリープ機構でDドライブに入れて置くと自然に動くので、坂道の発進はフットブレーキで簡単にできます。そういう中で走りますので免許を持っているだけで、最初は技術がなくても周りの車に合わせるだけでついて行けます。ですから車を止めるということはやさしいように見えますが、なかなか難しい面があります。すぐにストップランプをつけると後続車にとっては非常に迷惑です。それはストップランプをつけるということは前の車が止める理由があると思って反応をしながらストップランプをつけるわけですから、前の車が度々ストップランプをつけるということは、後続車にとってはストレスを感じ走るのに集中できません。車間距離を空けるなどをします。特に高速道路では非常に危険な行為になります。しっかり車間距離を空け車の流れを見ます。またカーブは「タイヤ」でまわるということに注意して性能の良いタイヤを選ぶます。それ以上に一番気をつけなければならないのは雨の道路を走るときです。怖いのはタイヤがスリップすることです。スリップすると車は一所懸命ブレーキングしてもどこへ行くかわかりません。運転は充分に気をつけます。

コメント

コメントを受け付けておりません。