日頃からウインドウのくもり取りと清掃の徹底を!

道路上にて車を使用することで、安全運転を心がけなければいけないことは、多くの方が知っている事でもあります。しかし、このような事は分かっていながらでも、いざという時にその対処方法が分からないために何も対応する事ができず、そのまま交通事故に発展してしまうケースもあり、このような事が非常に恐ろしいことであると考える事もできます。日頃から何もなくても、いざという時のことを色々と想定しておき、このような時にはどう対処するのか、というようなイメージトレーニングをしていくことが大切でもあります。
例えば当たり前のようなことでありながら、いざという時に対応できないような事としまして、ウインドウの曇りの問題があります。雨の時なんかは湿度が増しますから、それによってどうしても社内も湿度が高まります。その影響が特に窓ガラスに現れることとなり、よくフロントガラスが曇ってくることがあります。
これにビックリしたドライバーがその曇りを取り除こうと、焦ってワイパーを動かす事があります。しかし曇っているのは社内ですから曇りは取れることなく、更にドライバーが焦る事になります。適切なくもり取りの方法としましては、エアコンを作動させて除湿する、その他にも手元にタオルを用意しておき、ガラスを拭き取る等の処置をする事です。

コメント

コメントを受け付けておりません。