急操作は厳禁!

自動車は大変便利な道具ですが、その反面事故を起こした時の影響が非常に大きく危険も秘めている乗り物です。
そのため、自動車を運行させる時には特に安全運転に気をつける必要があります。
しかし、安全というと速度を出さなければ安全と思っている人も多くいますが、それだけでは安全とはいえません。

自動車を安全に走らすためには速度を落とすだけではなく、すべての面で安全に走らせることにしましょう。
まず車を操作する上で禁物な動作は、急のつく操作をすることです。
急のつく危険な動作にまず、急ハンドルがあります。
急にハンドルを切ることで、車の制御が不安定になり予期せぬ方向に車が進んでしまう可能性があり大変危険です。
特に雨の日などはスリップもしやすいだけに、余計に危険が増すのです。

次に、危険な操作に急ブレーキがあります。
自動車を走行させていると急なブレーキを踏まなければならなくなるという状況はあありますが、普段からそのような走らせ方をしているのは問題があります。
特に雨の日に急なブレーキを掛けてしまうと、こちらもスリップしやすい状況にあるだけに止まりきれなかった時に車体が予想しない方向に進んでしまい、事故につながってしまうこともあるので急操作はしないようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。