ウインドウ用ケミカル剤はウインドウを拭く際に注意

雨の日水滴がフロントガラスに付くと、ワイパーで水滴を取り除くことが出来ます。大雨など雨量が多い日は、ワイパーで水滴を取り除くのに限界があり視界が悪くなってしまいます。視界が悪いと快適な運転ができないだけでなく、信号機を見落としたりするなど事故の原因になります。ウィンドウ用ケミカル剤は、撥水性が高いアイテムです。使うと水滴を弾いてくれるので、視界が良くなり快適に運転することが出来ます。このアイテムでフロントガラスをふく場合には、注意が必要です。ワックスの付いたクロスや洗剤が浸みこんだクロスで拭くと、ムラが出てしまいます。そもそもこのアイテムは特殊な被膜があります。ムラが出来ると撥水の機能が弱くなり、雨量の多い時走行中かえって視界が悪くなってしまいます。ワックスや洗剤が浸みこんでいないクロスで、フロントガラスを拭いていきましょう。車内の室温が高いためにガラスが曇ってしまう事があります。このような時に拭くと、窓に付いた水分でムラが出来てしまいます。エアコンを利用して室温を下げるとともに湿気を取り除けば、ガラスに付いた水分を取り除く事が出来ます。水分の多い場合はクロスで、ふき取ってからこのアイテムを使用しましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。