ワイパーのゴムは定期的に取り替えよう

ワイパーは定期的に交換が必要なパーツです。
交換時期がなかなかわかりにくいのですが、これはまずゴムでできているので劣化してしまうのです。
その主な原因は熱や太陽光線なのです。温度が高くなると劣化を進行させてしまいます。フロントガラスなどとても熱くなる部分でもあり意外と早く劣化すると考えられます。
またガラスとの接地部分はとても細くなっているので、その部分が硬化してしまうとひび割れを起こします。そのようになると水の線ができて水切れが悪く運転しづらくなります。
またずっと同じ状態でガラス面に接地しているので先端の細い部分が同じ向きで硬化してしまい、この状態ではきれいに水を切ることもできなくなります。
もうこのような状態になると交換が必要なのですが、よほどひどくなるまで交換しない人も多くいます。
しかしガラスに水の線ができるような状態になればもう交換が必要です。
そのような場合は早めに交換します。交換はブレードを交換する方法とゴムを交換する方法があります。
実はブレードを交換する方法はとても簡単でアーム部分に取り外すためのボタンのような押す箇所があります。
そこを押しながらスライドさせると簡単に外すことができます。

コメント

コメントを受け付けておりません。